九州の温泉ならここがオススメ!5選

九州の温泉オススメの5選

九州には日本の温泉の35%が集中していると言われるほど、

温泉が豊富にあります。

これは鹿児島県桜島や熊本県阿蘇山など火山地帯が多く、

地理的にも温泉に恵まれています。

 

大分県の温泉

①別府温泉郷

別府温泉郷(べっぷおんせんごう)は別府温泉の総称で

別府市内には数百以上温泉があり、源泉数や湧出量ともに

日本一の量を誇ります。

 

別府市内の温泉には、温泉の性質や雰囲気が異なるものがありますが、

8箇所の温泉を中心に分布しているので、

別府八湯とも呼ばれています。

 

別府温泉、浜脇温泉、観海寺(かんかいじ)温泉、堀田温泉、

明礬(みょうばん)温泉、鉄輪温泉、柴石(しばせき)温泉、亀川温泉

の8つの温泉で構成されています。

 

豊富な泉質を誇る別府温泉ならではの「別府地獄めぐり」など観光スポットも

充実しており、毎年800万人を超える観光客が訪れる、日本を代表する温泉地です。


②大分県 由布院温泉

湯布院は、由布院の周辺に湧く温泉群の総称です。

湧出量・源泉数は別府温泉につぐ(全国2位)と圧倒的です。

別府温泉に近いこともあって、以前は別府八湯に含まれていましたが、

今では外れています。

別府からは近いこともあり、

別府の奥座敷とも呼ばれています。

また温泉街がおしゃれな雑貨屋などがあるなど

若い人でもおしゃれで楽しめる温泉地になっています。

 

 

③鹿児島県 指宿温泉

南国ムードのある九州最南端の温泉地が指宿(いぶすき)温泉です。

指宿温泉といえば、砂に埋まる「砂蒸し温泉」が有名で

暑い砂に埋もれて汗を出す砂蒸しでは発汗作用が期待でき、

普通のサウナだけでなく、砂のサウナも体験することができることが特徴です。

 

泉質はおおむねナトリウム-塩化物泉ですが、

地域や掘削深度によって塩分濃度や微量成分が異なり、

温泉地によって違いがあるので、違いを楽しめる温泉地でもあります。

 

海の温泉地なので部屋や浴室からは開放的な海や、

対岸の大隅半島(おおすみはんとう)が一望できます。

海が近いこともあり、目の前の海から獲れる新鮮な魚介類を使っていることが多く、

海鮮料理も楽しめることも指宿温泉の楽しみのひとつかもしれません。


④熊本県 黒川温泉

阿蘇山の北に位置し、南小国温泉郷の一つを構成する温泉地帯です。

また「黒川温泉」の名称は商標登録されていて

地域ブランド戦略を取っています。

 

渓谷の両側に24軒のこぢんまりとした和風旅館が建ち並んでおり、

温泉街としては川の流れに沿っています。
ほとんどの旅館に露天風呂があり、旅行者は「入湯手形」を購入することで、

3カ所まで選んで入浴することができます。

3箇所を自分で選べますので、空いているところや

気になっているところなど、選択できるところは魅力です。

 

⑤鹿児島県 霧島温泉

霧島温泉郷(きりしまおんせんきょう)は、

鹿児島県霧島市から湧水町にかけての霧島山中腹に点在する温泉群の総称です。

温泉は山中にあり道中は火山噴出物の多い悪路だったため、

明治以前は馬や駕籠でなければ容易に行くことができませんでした。

今ももちろん山の中にありますので、

各温泉に向かうにはタクシーなどで向かう必要があります。

山中の温泉ということもあり、非常に静かで温泉を楽しめる

環境にあると言えます。

 

人気温泉ランキング

全国各地にある温泉は、日本人にとってはみんなが楽しめる

レクリエーション施設と言っても過言でありません。

 

温泉人気ランキング2018

じゃらんが2018年に調査した温泉地人気ランキングでは

下記のようになっています。

1位 箱根温泉(神奈川県)

2位 草津温泉(群馬県)

3位 別府温泉郷(大分県)

3位 由布院温泉(大分県)

特に箱根温泉は12年連続で1位とすでに多くの人に

人気の温泉地として認識されていることがわかります。

 

また温泉地訪問ランキングでも箱根温泉は人気ランキングと

同様にランクインしており、その他別府温泉や草津温泉も

人気もあって、実際にたくさんの人が訪問していることがわかります。

 

実際に行った温泉ランキング

1位 箱根温泉(神奈川県)

2位 別府温泉郷(大分県)

3位 草津温泉(群馬県)

 

しかし実際に直近一年以内に訪れた満足度の高い温泉地ランキングとなると、

上記のようなメジャーな温泉地以外も人気になっています。

しかも温泉ランキングでは別府温泉はランクインしていましたが

本当に良かった温泉は実は九州勢の温泉も多くランクインしています。

 

本当に良かった温泉ランキング
1位 高湯温泉(福島県)

2位 乳頭温泉郷(秋田県)

3位 白骨温泉(長野県)

 

秘湯温泉ランキング

1位 黒部峡谷温泉群(富山県)
2位 九重“夢”温泉郷(大分県)
3位 わいた温泉郷(熊本県)

 

温泉地人気ランキングでは10位までは下記のようになっています。

どの温泉地も一度は耳にしたことがある有名な温泉地が

やはり選ばれる人気の温泉地になっています。

 

全国温泉人気ランキングTOP10

1 神奈川県 箱根温泉
2 群馬県 草津温泉
3 大分県 別府温泉郷
5 大分県 由布院温泉

5 北海道 登別温泉
6 愛媛県 道後温泉
7 鹿児島県 指宿温泉
8 熊本県 黒川温泉
9 兵庫県 有馬温泉
10 兵庫県 城崎温泉

 

関東の人気温泉

神奈川県 箱根温泉
群馬県 草津温泉

栃木県 鬼怒川温泉

群馬県 伊香保温泉

群馬県 万座温泉

神奈川県 湯河原温泉

群馬県 四万温泉

栃木県 日光湯元温泉

全国の温泉人気ランキングでは上位1位と2位の独占している

関東の人気ランキングですが、

箱根と草津温泉以外は意外にも人気は今ひとつで

多くの人が箱根温泉や草津温泉のブランド温泉に満足しているようです。

 

九州の人気温泉

大分県 別府温泉郷
大分県 由布院温泉

鹿児島県 指宿温泉
熊本県 黒川温泉

鹿児島県 霧島温泉

佐賀県 嬉野温泉

長崎県 雲仙温泉

九州は阿蘇山や桜島など火山が多いこともあり、

温泉地が非常に多くなっています。

しかも別府温泉や湯布院といったブランド温泉だけでなく、

鹿児島にも指宿温泉や霧島温泉といった人気温泉地があることも人気です。

近場に人気温泉地があれば車を使えばたくさんの温泉を楽しむこともできるので

九州は温泉好きにとっては非常に良い土地と言えます。

 

北海道の人気温泉

登別温泉

洞爺湖温泉

湯の川温泉

定山渓温泉

阿寒湖温泉

層雲峡温泉

ニセコ温泉郷

十勝川温泉

北海道の人気温泉は登別などは非常に有名ですが、

広大な北海道ではたくさんの人気温泉があります。

特徴としては自然の中の温泉であることがおおく、

綺麗な大自然と合わせて楽しむことができます。

 

関西の人気温泉

兵庫県 有馬温泉
兵庫県 城崎温泉

和歌山県 白浜温泉

淡路島の温泉

勝浦・串本・すさみの温泉

関西の温泉も昔から非常に人気で、有名な作家が

定宿にしていた温泉宿など格式の高い温泉も多いのが特徴です。

 

北陸の人気温泉

石川県 和倉温泉

石川県 和倉温泉

北陸となるとやはり冬の雪景色と温泉のきれな風景は

選ばれる理由として大きいのでないでしょうか。

 

東北の人気温泉

宮城県 秋保温泉

青森県 八甲田温泉

青森県 酸ヶ湯温泉

宮城県 鳴子温泉郷

岩手県 花巻温泉郷

青森県 十和田湖温泉郷

青森県 十和 田湖畔温泉

山形県 銀山温泉

東北の温泉は全国の人気ランキングでは挙がっていませんが、

寒い地域の温泉はやはり露天風呂は人気です。

 

静岡の人気温泉

熱海温泉

修善寺温泉

伊東温泉

宇佐美温泉

北海道ほど大きな土地ではありませんが、

熱海温泉や近くに箱根温泉があるなど

非常に温泉が多く、温泉文化が根付いている地域です。

 

男が選ぶ人気温泉

群馬県 草津温泉
神奈川県 箱根温泉
大分県 別府温泉郷
大分県 由布院温泉
北海道 登別温泉
愛媛県 道後温泉
鹿児島県 指宿温泉
秋田県 乳頭温泉郷
熊本県 黒川温泉
兵庫県 有馬温泉

全国の人気温泉のランキングと似ていますが、

違いは草津温泉が1位となっていることです。

関東近郊に住んでいる人が多いので、

移動が簡単ということは人気になる一つの理由ですが、

男性の場合には腰痛持ちである方も多く、

温泉地の効能ということも要因しています。

 

女性が選ぶ人気温泉

神奈川県 箱根温泉
群馬県 草津温泉
大分県 由布院温泉
大分県 別府温泉郷
北海道 登別温泉
愛媛県 道後温泉
兵庫県 有馬温泉
熊本県 黒川温泉
鹿児島県 指宿温泉

兵庫県 城崎温泉

 

女性が選んだランキングも全国の人気ランキングと似ていますが、

違いは温泉が自分の住んでいる地域から近いこと、

つまり生きやすい環境であることと、リーズナブルに使えることが

大きな要因になっています。

女性は温泉に非日常でリラックスを目的としていることが

多いようです。